作品

住宅 B-class シンプルスタイル

敷地・プログラム・形態を自由に

ハコノオウチ04 アトリエのある大家族の家

  • 2013年 東京都
  • 木造2階建て+中間階納戸
  • 敷地面積:144.61㎡
  • 延床面積:137.71㎡

東京都武蔵野市で完成したアトリエのある住宅です。

夫婦と子供3人と母と妹の7人家族のための住宅で、布作家である妹さんのアトリエを道路から見える位置に配置し、作品展示なども行えるように大きな窓を取り入れた計画としています。
1階はLDKとサニタリー、母の部屋、アトリエが配置されていますが、アトリエの廻りを1周できるように動線計画が考えられ、LDKから見えない裏手側を靴入れや壁収納などにあてています。
2階は夫婦室、子供室、妹室、家事室、勉強コーナーからなり、お子さん3人が本棚を背に一列に並んで過ごせるオープンな空間を中心に吹抜で1階とつながっています。
また1階と2階の間には中間階があり、天井高さ1.4M未満の部分を収納スペースとして生かしています。

箱型デザインの住宅ですがいつもの「白い外観」ではなく、ご家族の希望で「黒」で塗装されました。「黒いハコノオウチ」の大きな窓からは7人の様子がたのしそうに町にこぼれ出ています。

設計担当 石川淳・鶴希世
掲載メディア
渡辺篤史の建もの探訪2014年10月18日

01_外観02_玄関ポーチ03_玄関ドア廻り04_ショーウインドウとしての窓05_玄関土間06_正面靴入れ07_アトリエ08_アトリエ09_玄関土間10_階段と吹抜11_左がサニタリー12_浴室13_脱衣室14_リビングダイニング15_リビングダイニング16_左開口は母の部屋17_アトリエの壁裏は壁面収納18_跳ねだし式レンジフード19_キッチン20_母の部屋21_2階へ22_中二階から見る23_中二階から見る24_中二階納戸25_中二階納戸26_2階から見下ろす27_家事室28_勉強コーナー29_吹抜見下ろし30_壁面本棚と勉強カウンター31_黒のドアはトイレ32_引き戸で仕切る2つの寝室33_引き戸で仕切る子供室34_寝室36_夕景リビング37_夕景キッチン38_夕景外観39_お子さんと

株式会社石川淳建築設計事務所 東京都中野区江原町2-31-13第1喜光マンション TEL 03-3950-0351